サックスの種類と特徴とは?

様々な音楽で利用されている人気の管楽器でもあるサックスですが、色が金色である事から金管楽器だと思われている人もいるようですが、実は木管楽器の仲間です。つまり金色をしていても、トランペットやホルンなどの仲間ではなく、クラリネットやオーボエなどの仲間になるといえます。サックスは最も高い音域の出せるソプラニーノサックスから最も低音域のコントラバスサックスまで7種類もの種類からなる楽器なのすが、実際に頻繁に利用されているのは、高音域順にソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類のサックスです。一般的にサックスと言われるとアルト・サックスを指す事も多いのですが、それぞれの楽器に個性や演奏者の特徴が出る良い意味での癖のある楽器である事から、多くの演奏者に好まれる楽器のひとつになっています。

サックスの活躍できる場面は

サックスが実際に活躍できる場面は多種多様の場面や音楽ジャンルになりますが、一般的に利用されている4種類の中で最も高音域のソプラノサックスは、吹奏楽ではあまり活躍の場は少ない楽器になっていますが、サックスのみで編成されるアンサンブルなどになるとメインメロディを担当する花形にもなれる楽器になっています。次にアルトサックスは、メジャーで人気のある楽器ですし、音色の質や安定度から吹奏楽でも人気のパートで活躍の場所も多くあります。テナーサックスは、吹奏楽でも利用されている楽器には違いはありませんが、ジャズなどの楽曲にもとてもあう楽器です。バリトンサックスは、大きな編成の吹奏楽やサックスのアンサンブルで活躍する楽器で、低音楽器でありあながら比較的こまわりの利く楽器になっています。

どの種類を選ぶのが良いのか?目的に応じた選び方!

サックスをいざ購入となった時にどの種類を選ぶかは、最終的には個人の好みが重視されますが、やはり目的によって利用頻度も大きく差がありますので選択方法も変わってきます。難しいと思われているサックスですが、吹奏楽などで利用されている楽器の中ではかなり難易度は低めの楽器とも言われている事から、比較的敷居は低い楽器ともいえます。しかしながら、それだけに人気や実力差も出てしまう事から、部活や楽団に入る時には別の楽器になる事も多いくらい人気があるようです。無難な選択しで考えれば、アルトサックスやテナーサックスが大きさや音の安定感から考えても扱いやすい楽器だといえます。りようされる場面の多さを考えても、アルトサックスやテナーサックスを選択する事が、無難になりますが、個性を重視したいのであれば、バリトンサックスも魅力的な楽器になるといえます。

サックスの種類にはピッコロ、セプラニーノ、アルノ、コントラバス、バリトン、サブコントラバスなどがあります。